1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白問題
  4. カネボウ美白化粧品問題のその後と化粧品トラブルを避ける方法

カネボウ美白化粧品問題のその後と化粧品トラブルを避ける方法

 2014/11/07 美白問題 この記事は約 5 分で読めます。 655 Views

綺麗になりたいと望む日本人女性を震撼させたカネボウの美白化粧品問題・・・問題というよりも、事件と言った方がしっくり来るくらいの出来事でしたね。⇒クローズアップ現代・「カネボウ美白問題」で知ったずさんな化粧品開発の実態

白斑が出来てしまった人は、19,388人。

2014年9月末時点で、完治または、ほぼ完治した方は8,784人だそうです。

当時は、細胞レベルで障害を受けているので、回復は望めないとさえ言われた白斑でしたが、良くなっている方がこんなにいらして少し安心しました。

とはいえ、まだ1万人以上の方が、回復していないのも事実なんですよね。

本当に怖い事件です。

どうしてこのことに触れるかというと、私自身、化粧品を使ってかぶれたことが何度かあるんですね。

でも、保証してもらったことなんてないから、自分の肌は自分で守らなきゃ!と思ってきたのです。

今日はそんな経験も交えながら、カネボウ美白問題や、新しい化粧品を使うときに気をつけたいことなどを書いて行きたいと思います。


【少しずつ解明され始めた白斑の原因】

現在、カネボウは花王の傘下にありますから、花王グループとして40名もの研究者で構成するプロジェクトチームが原因究明をしているそうです。

当時の報道では、カネボウのずさんな検査体制が問題になりましたが、花王の傘下に入ったこともあって、現在ではかなり研究が進んでいるようです。

花王は元々化粧品原料を生産して来たメーカーですから、安全試験などは徹底的にやるところなんですね。

そこで分かったことに正直驚きましたよ。

当初、美白成分のロドデノールは、メラノサイトにメラニンの生成をしないように働きかけるとだけ言われていました。

ところが、研究によって、メラニンの生成を阻害するというよりも、メラニンの代わりにロドデノール化合物を生成する事が分かったようです。

そもそもメラニンが作られるのは、メラノサイトにおいて、チロシナーゼという酵素がチロシンというアミノ酸と結合する事が原因です。

チロシン + チロシナーゼ ===>メラニン となるのです。

ところが、ロドデノールが入ると、チロシナーゼは、チロシンではなく、ロドデノールと結合するんですね。そして、ロドデノール代謝物を作ることが分かったのです。

ロドデノール + チロシナーゼ ===>ロドデノール化合物 となるということです。

このロドデノール化合物が大量に作られると、色素細胞に障害が発生するらしい。

現在分かっているのは、ここまで。

でも、色素細胞に障害を与えるのは、美白目的に配合される量の100倍のロドデノールを使ったときだということなんですね。

カネボウの美白化粧品をラインで使ったとしても、100倍もの量のロドデノールを顔につけることはありませんから、白斑ができるほどの細胞傷害がどうして起きたのかまでは解明されていないようです。

【カネボウの取り組み】

現在の研究を続けることはもちろんですが、被害を受けた方への対応方針もはっきり打ち出しています。

まずは、製品の回収。

皮膚科学会への研究資料の提供や、基金を設立して、治療方法確立への協力。

そして、被害を受けた方に対しては、自宅を訪問して一人ひとりに対応しているようですね。

治療期間中に白斑を目立たなくする化粧品も開発されていて、被害を受けられた方に提供しているようです。

カネボウでは、「ロドデノール配合製品を使用し、白斑様症状を発症されたお客さまには、完治するまで責任を持って対応する」という基本方針を打ち出しています。

被害に遭われた方は本当にお気の毒ですが、完治した人がいるということは、可能性があるということです。

決して希望を失わないで、治療を続けていただきたいと思います。

【化粧品トラブルを避ける方法】

最近では、「美白」に代表される機能性を持った化粧品がたくさん販売されています。

どれも魅力的で、すぐに使いたくなりますね。

でも、ちょっと待って下さいね。

効果があるということは、危険があるかも知れないということでもあります。

化粧品トラブルを避けるために、自分でできることを考えてみました。

新しい化粧品を購入する前に、口コミやレビューブログを読んで、使った人の生の声を参考にする

@コスメや楽天などの口コミはもちろんですが、レビューブログも詳しく書かれていますので、参考にされるといいと思います。

このブログもレビューブログになりますね。

私の場合は、自分に合わなかったものは、当然のことですが、紹介していません。

メーカーさんから商品を頂くことが多いのですが、それでも合わなかったときには、そのことをご連絡して記事には書かないようにしています。

きっと、他の方もそうだと思いますよ。

とはいえ、私の場合、信頼しているブロガーさんが紹介しているからと購入した商品で、かぶれたことがあるのも事実なんですね。

それは、ブロガーさんがウソを書いているのではなく、やっぱり個人差があるということだと思うんです。

だから、できればパッチテストをしてから使った方がいいし、ちょっとでも刺激を感じたらすぐに使うのを止めることです。

次に、「実績のある成分で作られたものを使う」ということも大切です。

開発されて間もない成分を使った商品の場合、年単位で使い続けた時のデータがまるでないということがあるんですね。

これはかなり怖いことです。

その点、何年か経って実績が認められた成分なら安心ですよね?

たとえば、先日2度めのご紹介をしたittenn kosumeさんのファイナルホワイトは、製品自体は新しいけれど、成分は実績のあるものだけを使っています。⇒Itten cosmeのファイナルホワイトが半額でゲットできちゃう

このように、美白化粧品でも実績のある成分だけで作ることができるのです。

最後に、化粧品を使うときには、成分にも目を向けるようにして、自分に合わない成分を把握しておくことも大切です。

今日は、ずっと気になっていたカネボウの美白化粧品問題のその後について、そして、化粧品被害を受けないためにできることをまとめてみました。


最後まで読んで下さってありがとうございました。
良かったら応援して行って下さいm(__)m
にほんブログ村 アンチエイジング
人気ブログランキングへ

\ SNSでシェアしよう! /

50代からの「ホントの綺麗」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの「ホントの綺麗」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 緊急報告 カネボウ以外の美白化粧品でかぶれ

  • クローズアップ現代・「カネボウ美白問題」で知ったずさんな化粧品開発の実態

  • 美白化粧品、怖いのはカネボウだけじゃない!?

  • 美白化粧品、まだ使いますか?

  • ピーリングでお肌ツルツル♪は本当に50代の肌を美しくするのか?