1. TOP
  2. トピック
  3. 【NHK美と若さの新常識】からだのヒミツ・しっかり食べてキレイにSPまとめ

【NHK美と若さの新常識】からだのヒミツ・しっかり食べてキレイにSPまとめ

 2017/10/11 トピック この記事は約 8 分で読めます。 430 Views

先日、NHKで美と若さの新常識・からだのヒミツ・しっかり食べてキレイにSPという番組をやっていました。

BSでひっそりやっていた番組のスペシャルを総合テレビでやっていたんですね(^^)

BSは余り見ないので、この番組を知らなかったのですが、なかなか面白かったのでまとめたいと思います。

老化防止に効果のあるもの

老化防止に効果のある食べ物というか、成分の説明でした。

答えは、よく知っているビタミンCなんです。


な~んだ、そんなの知ってるよ、昔からビタミンCは美と健康にいいっていうじゃないの!

って思うでしょう?

その通りなのですが、当たり前過ぎてそれほど意識しなくなっていませんか?

最近はコエンザイムQ10とか、水素水とか、抗酸化物質がいろんなものがあり過ぎてビタミンCを摂るというのを、あえて言わなくなっているような気がします。

でも、やっぱり昔から言われるビタミンCってやっぱり優秀なんですよ。

番組では、常識とも思えるビタミンCの効果を化学的に証明してくれました。

今更ながら、目からウロコの新常識でしたよ。

老化スピードは尿で分かる

同じ年齢でも、もの凄く若い人と、悲しいくらいに老けてしまう人っていますよね?

私がそのどちらかはさておいて 笑

人によって老化のスピードに差があるんです。

その差をもたらすものが尿を調べることで分かるっていうから驚きです。

それは、尿に含まれる『8-OHdG』というものなのです。

8-OHdGは、老化の危険因子で、老化のスピードメーターと言われているそうです。

8-OHdGの量が多いほど老化スピードが早いんです!

では、その8-OHdGを減らすにはどうすればいいのかというと、ビタミンCを飲むんです。

椿鬼奴さんって芸人さんが実験に協力していました。

8-OHdGの正常値は11以下なのですが、鬼奴さんの数値はなんと29.1もあったんです。

これは最悪のレベルなのだそうです。

そこでビタミンCのジュース・・・黄色い液体でしたから水に溶かしただけのビタミンCかも・・・を飲んで舞台に立ち、1時間後に測定したら、なんと13.5に減っていたんです。

なんと、半分以下に減っていたのです。

ビタミンCはお茶で摂れ!

鹿児島県南九州市の年配の女性たちが、驚くほど元気で、驚くほど肌が綺麗な様子が紹介されました。

75歳の女性はシワがほとんどなくて、ツルツル、つやつやのお肌をしておいででした。

そのヒミツは、なんと南九州市特産の知覧茶だというのです。

知覧茶は甘みのある美味しいお茶ですね(^^)

南九州市の方たちは、しゃぶしゃぶをするときに知覧茶で、特産の黒豚で、緑茶しゃぶしゃぶをしているんだとか。

緑茶しゃぶしゃぶ、美味しそうでしたよ。

知覧茶じゃなくても、緑茶でビタミンCを摂る女性は若々しいと言っていました。

お茶がらとしらすの佃煮の作り方

日本茶にはビタミンCが豊富なのに、お茶がらを捨ててしまうのはもったいないですね。

ビタミンCはお茶がらに多く残るそうなのです。

そこで、お茶がらを佃煮にしてビタミンCを食べちゃう方法が紹介されました。

《材料》

お茶がら・・・100g

しらす干し・・・大さじ3

めんつゆ・・・おおさじ1

酢・・・小さじ1

砂糖・・・小さじ2

《作り方》

お茶がらをフライパンで煎る

お茶の香りがして来たらしらすを加える

しらすに火が通ったら調味料を全て入れて、水分を飛ばすようにかき混ぜる

パラパラになったら火を止めて完成

簡単ですね(^^)

とても美味しいと言っていましたから、お茶がらが溜まったら作りたいと思いました。

ビタミンCの働きと不足した時の恐怖

ビタミンCは緑茶はもちろん、レモンなど身近な食べ物に含まれますから、極端に不足することはなさそうですが、実は、ビタミンCが不足するともの凄く恐ろしいことになると言っていました。

マウスを、ビタミンCの入っていない餌を与えたグループと、ビタミンCの入った餌を与えたグループに分けて実験した結果に驚きました。

なんと、ビタミンCの入っていない餌を与えられたマウスの寿命は、ビタミンCの入った餌を与えられたマウスの4分の1しかなかったというんです!

それも、病気とかじゃなくて、明確な老化で死んでしまうのです。

老化の原因は酸化ですね。

私たちの体に入った酸素の2%が活性酸素になるそうです。

その活性酸素をビタミンCが無毒化するので、寿命そのものが伸びるということなのです。

ビタミンCが不足する原因

ビタミンCは、多くの食品に含まれていますから、余り不足することはなさそうですが、実は、思いがけないところでビタミンCが使われていることが分かりました。

ぞっとする内容ですから書いておきますね。

お酒を代謝するときに、からだはビタミンCを使うということです。

たくさんお酒を飲むと、肌が乾燥するのは、水分が蒸発するんじゃなくてビタミンCが不足するからなんですね。

さらに驚いたのは、運動をして汗をかくでしょう?

健康的に思える運動ですが、汗の中にはビタミンCがたくさん含まれているのだそうです。

汗をかいたらビタミンCを補充しなきゃいけないんですよー!

甘いものもビタミンCを減らすそうです。

甘いものを代謝するときも、ビタミンCを使うのです。

抗酸化作用の強いビタミンCは、いろんなシーンで使われているんですね。

ビタミンCは摂りすぎても、尿に排泄されるので撮り過ぎることがありません。

抗酸化作用といえば、ポリフェノールや水素水など他のものでも代用できそうですが、ビタミンCがこんなに使われるのなら、もっと積極的にビタミンCを摂りたいですね。

 

女性の飲酒が増えている!美容にお酒はどうなの?

私たちが若いころも、それなりにお酒を飲む女性はいたと思いますが、最近は女性の飲酒がもの凄く増えているそうです。

20代の女性の80%以上が、日常的に飲酒するようになっているそうです。

若くいたい私たちにとって、お酒はどうなのかもやっていました。

お酒が百薬の長というのは幻

昔から、お酒は百薬の長と言われてきましたが、それはウソだそうですよ。

お酒は老ける毒とまで言っていました。

なんと、加速度的に老けさせてしまうそうです。

百薬の長と言われる適量は、ビールなら500ml、ワインならグラスに2杯だそうです。

お酒に含まれるアルコール分が20gまでだそうですから、飲むときには意識しておくといいですね。

 

お酒の毒性と受けた影響の解消方法

アセトアルデヒドという言葉を聞いたことがありますか?

アセトアルデヒドというのは、肝臓がアルコールを分解するときにできる物質です。

アルコールは分解されてアセトアルデヒドができ、さらに分解されて無毒化するんですね。

分解されきれないと、二日酔いになるわけです。

お酒に弱い人は、アセトアルデヒドを分解する酵素が少ないと言われますね。

このアセトアルデヒドですが、もの凄く毒性の高いものなのだそうです。

発がん性が高く、食道がんになることが多いそうです。

さらに、アセトアルデヒドを分解するときには、大量の活性酸素が作られるそうです。

もうこれだけでもイヤになってしまいますね。

抗酸化、抗酸化と言っていながら、大量の活性酸素を生むお酒を飲んだら・・・><

アセトアルデヒドで肌が焦げる

アセトアルデヒドは美容にも悪影響を及ぼすそうです。

それは、アセトアルデヒドがタンパク質と結びついたとき、AGEが発生するんです。

AGEは、終末糖化物質と言われ、パンが焦げた状態と説明されますね。

コラーゲンにAGEが結びつくと、弾力がなくなり、焦げたパンの表面が弾力なくバリバリになるのと同じことが肌に起きるのです。

これを、「肌が焦げる」と言っていたんです。

 

AGEを消す方法

でもね、あきらめることはありません!

肌が焦げてしまっても、4週間お酒を飲まなければAGEは消えるそうですから\(^o^)/

とはいえ、AGEが消えても肌に弾力が戻るのは時間がかかるでしょうから、お酒は飲み過ぎないで、適量を守りましょうね。

百薬の長と言われる量でストップできれば、大丈夫ですから(^^)

ビールは500mlまで、ワインならグラスに2杯までですよ。

これを超えると肌が焦げると覚えておいて下さいね・・・そうすれば飲み過ぎないから。

番組では、他にもアンチエイジングに効果的な食材とその調理方法を紹介していました。

次回はレシピなどもご紹介しますね。

最後まで読んで下さってありがとうございました。
良かったら応援して行って下さいm(__)m
にほんブログ村 アンチエイジング
人気ブログランキングへ

\ SNSでシェアしよう! /

50代からの「ホントの綺麗」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの「ホントの綺麗」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 目元が老け顔を増幅!効果的なアイケア方法とは?

  • コーヒーを飲むとシミができにくいと言われる理由とは?

  • どうもRSS出力ができていないらしい

  • 夏の疲れた胃には玄米小豆粥がオススメ

  • シワと骨粗しょう症を招く劣化したコラーゲン

  • 人気ブログランキング用のテストです