1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白問題
  4. クローズアップ現代・「カネボウ美白問題」で知ったずさんな化粧品開発の実態

クローズアップ現代・「カネボウ美白問題」で知ったずさんな化粧品開発の実態

 2013/09/03 美白問題 この記事は約 5 分で読めます。 372 Views

今も増え続けるカネボウ美白化粧品被害ですが、被害者数はすでに11,000人を超えているそうです。いろいろなメディアで報道されていますが、昨日のクローズアップ現代では、かなり突っ込んだ報道がなされました。

カネボウ独自の美白成分ロドデノールの作用は、紫外線を浴びた時に生成されるメラニンの量を抑制するというものでした。

しかし、被害者の皮膚を調べると、色素細胞そのものが破壊されているのが確認されたそうです。

最初の頃は、時間が経てば改善するのではないかと言われていましたが、細胞そのものが破壊されているので、現時点では改善する見込みはないということです。

キレイになりたくて美白化粧品を使ったのに、こんな恐ろしいことになるなんて・・・

マウスを使った実験では、通常の肌にロドデノールをつけても影響はなかったのですが、紫外線を浴びた肌につけたところ、わずか2時間で色素細胞の2/3が破壊されたそうです。

怖いですね、メラニンではなくて、細胞そのものが破壊されたのですよ。これが人間の肌で起きたわけです。

カネボウでは、こんな恐ろしい成分を配合した化粧品をシリーズで販売していて、化粧水、乳液、ナイトクリーム、マスクと全てを使うように勧められた女性は、顔や首、手にまでも白斑が出ていました。

化粧品メーカーというのは、開発時に相当なモニター試験をするものだと思っていたのですが・・・


カネボウでは、こうして数種類を併用することを推奨していたにも関わらず、
2倍濃度の試験は12人で6ヶ月間、2種類併用試験は、16人で僅か8週間しか実施していませんでした。推奨していたのは4種類なのに、その試験はしていなかったのです。


私は以前、ある大手化粧品メーカーの「育毛剤」のモニターを頼まれた経験があります。

半年間のモニターでしたが、何度か研究所に足を運び色々な検査を受けました。

さらにその後、その商品の無料モニター、そして、有料モニターをインターネットで募集しているのを頻繁に目にしました。その期間は半年ほどだったように記憶しています。

そこまでした「育毛剤」でしたが、実際に発売される時に謳う効果はずいぶんと削られていたんですよ。きっとモニター試験の結果、効果といえないものは全部はずしたものと思われます。

化粧品メーカーというのは、こんなにきちんと試験をしてから商品化するのだと知って驚きましたし、同時に安心したのでした。

それなのにカネボウは、こんな強い成分の試験をわずか12名や16名で済ませていたなんてとんでもないですね。

しかも、4種類のライン使いを進めながら、2種類でしか試験を行っていなかったなんて、どういうことでしょう!

ロドデノールが配合された化粧品は436万個も売れていたそうですよ。


カネボウ独自の美白成分と謳われた「ロドデノール」ですが、実は、過去に同じようなトラブルを引き起こした「ラズベリーケトン」という物質に水素を配合したものだそうです。

このラズベリーケトンという物質は、ラズベリーの香り成分なのですが、脂肪をスピーディーに分解する作用があるそうで、ダイエット目的のサプリに使われています。

20年前に、ラズベリーケトンの製造工場の従業員数名に白斑が出た事があって、そのときに書かれた論文があります。

論文の著者である福田教授によると、「3名のケースを扱っており、そのうちの2名は時間が経っても完全には消えなかったと、ラズベリーケトンの危険性について書いた論文だった」そうです。

この論文をカネボウは、ロドデノールを化粧品成分として国に認証申請するときの資料に使いました。

でも、カネボウが提出した申請書類の論文引用部分では、「白斑が出たけれども時間が経つと治癒した」と書いてあったそうです。

全く逆の趣旨に変えて論文を引用したのですね。

しかも、この論文を引用するにあたって、カネボウは福田教授に連絡を取っていなかったそうです。

その後の審査機関でも、この虚偽を見ぬくことが出来なくて、商品化は進められました。

カネボウの美白化粧品を使ったトラブルをいち早くカネボウに報告した皮膚科医がいました。去年のことです。でも、カネボウでは、担当者がその報告を、「かぶれ」程度にしか認識しなくて、被害を食い止める力にはならなかったそうです。

こうして見ていくと、カネボウという会社の姿勢を疑いたくなりますね。会社更生法の適用を受けて、再建したはずの会社なのに、体質そのものに問題があるのではないかと思います。


この事件をきっかけに、美白化粧品への不安が高まっています。

以前、あさいちで特集が組まれた時の記事はこちらです。→ 美白化粧品、怖いのはカネボウだけじゃない

今のところ、他のメーカーではこのようなトラブルは起きていないようですが、いずれにしても、美白化粧品を使う時には「紫外線」を浴びないように、徹底的なUVケアをすることです。できれば、美白化粧品を使うのは夜だけにした方が安全だと、出演していた皮膚科医が言っていました。

綺麗になりたくて、高価な化粧品を使ってこのような被害に合われた方がお気の毒でなりません。一日も早く、改善策が見つかって綺麗な肌を取り戻すことが出来ますようにと祈ります。

《関連記事》
カネボウ美白化粧品問題のその後と化粧品トラブルを避ける方法



最後まで読んで下さってありがとうございました。
良かったら応援して行って下さいm(__)m
にほんブログ村 アンチエイジング
人気ブログランキングへ

\ SNSでシェアしよう! /

50代からの「ホントの綺麗」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの「ホントの綺麗」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 美白化粧品、怖いのはカネボウだけじゃない!?

  • 緊急報告 カネボウ以外の美白化粧品でかぶれ

  • ピーリングでお肌ツルツル♪は本当に50代の肌を美しくするのか?

  • 美白化粧品、まだ使いますか?

  • カネボウ美白化粧品問題のその後と化粧品トラブルを避ける方法