1. TOP
  2. トピック
  3. 佐伯チズが教える自分の愛し方

佐伯チズが教える自分の愛し方

トピック この記事は約 3 分で読めます。 395 Views

佐伯チズさんの美容法で最も特徴的なのは、「手」の使い方ではないでしょうか?

こすりあわせて温かくなった手で優しく頬を包み込む・・・ちょっとやってみませんか? 目を閉じると心も柔らかくなりますね。

彼女は、ご主人をお病気で亡くされて、1年間泣き続けたと言います。そして、気付いたら、心も体も、そして肌さえもボロボロになっていたそうです。

その時から、執念で美肌を取り戻したのだそうです。

美肌のためのノウハウがたくさん言われていますが、「自分を慈しむ」という姿勢こそが、その原点のように思います。

1年間も泣き続けるほど愛していたご主人を亡くされた時、彼女は絶望のうちに全てを投げ出して涙を流し続けたのでしょうね。

そんな深い悲しみの中にあるとき、私達は「運命に見放された」ような気持ちになってしまいます。

孤独で、自分を愛してくれる人はだれもいない・・・・・そんな彼女を救ったのは、他でもない「綺麗になりたい」という強い美意識だったのです。それは、ご自分に向けた「愛」ですね。

だから、佐伯チズさんの美容法の根底に流れるのは「精神論」なのです。

これはね、ストレスの多い時代を生きる私達にとって、とても参考になるものだと思うのです。

↓優しく応援してねハート(トランプ)
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ





「ストレスは美肌の大敵です。」 そんな事を言われても・・・どうやってストレスをなくせばいいの?と思っちゃいますよね。

ストレスを感じている時、私達のこころは「愛されたい」と思っています。

そんな時こそ、温めた手で優しく頬を包み込んでみて下さい。

ふぅっとこころがほぐれて優しい気持ちになれますよ。 もしかしたら、涙が流れるかも知れません。 緊張して頑張っていたこころがほぐれる時に流れる涙は、つらい気持ちを洗い流してくれる涙です。我慢しないで、流れるだけ流せばいいのです。

こうして自分をいたわると、お肌もよろこんで柔らかくなります。そして、ぐんぐん栄養を吸収出来るようになるのです。

「自分を愛しなさい」なんて、言われてもどうしていいか分かりません。でも、これなら出来ますよね。

自分を愛するとは、わがままになることではありません。自分を慈しみ、愛おしむことだと思います。

「どうせ」とか、「私なんて」とこころの中でつぶやく時、実は自分自身がとても傷ついています。

そんなつぶやきが生まれそうになったら、優しく頬を包み込んでみましょう。

こころは黙ってその優しさを受け入れることでしょう。

お風呂あがりのひとときを、「自分をいたわる時間」と決めるのも良いですね。

化粧水をつける時、美容液をつける時、乳液やクリームをつける時、温めた手でやさしく顔をつつみ、そっと目を閉じるのです。そして、静かにゆったりと呼吸をしてみます。

こころが静かによろこぶことでしょう。免疫力も上がって、お肌も柔らかくツヤを取り戻します。

佐伯チズさんは、そんな「自分の愛し方」を教えてくれているように思います。

今日も読んで下さってありがとうございました。
↓クリックして頂けると記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

\ SNSでシェアしよう! /

50代からの「ホントの綺麗」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの「ホントの綺麗」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • れんこんパウダーに美声と花粉症克服の願いを込めて

  • 長時間のパソコン作業は自律神経を乱す

  • 雪の日に転んで骨折・・・恥ずかしいけど公表します

  • 疲れ目解消法☆眼ヨガ その2

  • 卵殻膜のアルマード☆16周年記念キャンペーンは10/22(木)まで!

  • 年末のご挨拶