1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白問題
  4. 美白化粧品、まだ使いますか?

美白化粧品、まだ使いますか?

 2013/08/13 美白問題 この記事は約 4 分で読めます。 426 Views

カネボウの美白化粧品によるトラブルが報道されて以来、美白化粧品そのものに対する不安を感じるようになりませんか?

先日のあさイチでも、皮膚科医の吉村伸子しが「否定はしないけれども、ハイリスク・ハイリターンであることは覚えておいて下さい」と言っていました。

→ 美白化粧品、怖いのはカネボウだけじゃない!?

不自然なことをするのだから、トラブルが起きやすいという事でした。

シミは強い紫外線を浴びて、20年後に出来るとも言っていました。

20年前の日焼けのツケが今頃来るのも嫌なものですね。

20年前に戻って、日焼け止めを塗ることはできませんから、やはり美白化粧品を使いたいところです。でも・・・堂々巡りしてしまいます。

実は、私の右の頬に長さが2cm程もある三日月型のシミが5年目に出来ました。もちろん、コンシーラーでごまかしていますけどね^^;

そのシミが、今年の春辺りに3つに分かれたのです。

そして、最近になって、鼻寄りの1個がほとんど目立たなくなりました。

特に、美白化粧品は使っていないんですよ。

私は、20年以上も同じ化粧品を使ってきたのですが、3年前に、ふと「それでいいの?」と思って、化粧品を変えました。

でも、なかなかピッタリ来るものが見つからなくて、いまだに基礎化粧品ジプシーを続けています。

それなのに、シミが薄くなっているなんて・・・

思い当たることといえば・・・サプリしかないんですよね。


それは、

→ 楊貴妃の愛したライチは美肌・美白効果抜群

の記事でご紹介した「オリゴノール」だと思うのです。

ライチ由来のポリフェノールを低分子化したものが、「オリゴノール」です。

元々はだるさとむくみを取りたくて飲み始めたのに、思いがけず、美白効果があった嬉しいサプリなんです。

でもね、難点はちょっと高めなの・・・

1ヶ月分が7,980円なんです。まとめ買いすると多少安くはなるのですが・・・

これだけ飲むなら、それでもいいのですが、他にアイ・フォーミュラやオメガ3、酵素、コラーゲンなどをのんでいますから、ひと月に3万円近くをサプリにつぎ込んでいるんですね。

だから、少しでも安くて良い物があったら変えたいと思っているのです。

それで、前回の記事を書いた後で、色々と探していました。

見つかりましたよ。

それは「紅珠漢」というサプリです。

「オリゴノール」という名前がついていないので、最初はどうかな?と思ったのですが、「ライチ抽出加工品」となっています。

商品説明では、『ライチから抽出される”自然界最高”とも呼ばれる高品質ポリフェノール「プロアントシアニジン」を体内に吸収されやすいよう低分子化した』と書かれています。

これだ!と思いました。

それで、早速取り寄せてみました。

今日届いたので、先ほど今日の分を飲んでみました。

これ、凄いかも知れません。

サプリを飲んで、すぐに何かを実感したことはなかったのですが、これは実感出来ます。

飲む前と、飲んでから30分後に体温を計るように、説明書に書かれているのですが、計ってみると、0.5度上がっていました。

内側からぽかぽか温まっているのが分かります。

冷房の中にいると、余り冷やしていなくても、足元だけは冷えるのですが、今日はそれがありません。



・・・本当はこのまま書き続けたいのですが、良い点だけではなくて、疑問に思う点もあるんです。それは売り方なんですけどね。

もう少し整理して、ちゃんとお伝えしたいので少しお時間を下さいね。

まとまったら、明日にでもじっくり書きますので、宜しかったら覗いてみて下さい。

《関連記事》
→ 紅珠漢のモニターセット購入

→ 紅珠漢モニターセットのレビュー

↓クリックで応援していただけると、記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

\ SNSでシェアしよう! /

50代からの「ホントの綺麗」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの「ホントの綺麗」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 緊急報告 カネボウ以外の美白化粧品でかぶれ

  • ピーリングでお肌ツルツル♪は本当に50代の肌を美しくするのか?

  • 美白化粧品、怖いのはカネボウだけじゃない!?

  • クローズアップ現代・「カネボウ美白問題」で知ったずさんな化粧品開発の実態

  • カネボウ美白化粧品問題のその後と化粧品トラブルを避ける方法